オススメリンク

昼からキャバクラに行きたいなら北新地の昼キャバに行ってみてはいかがでしょうか?昼からキャバ嬢とお酒やトークを楽しむことができるなんて、男にとっては幸せなはず!

アーカイブ

カテゴリー

キャバクラを利用する男性の中には、「アフター」を期待して利用する男性も多く見られます。
アフターとは、営業時間が終わった後に、女の子のプライベートな時間を利用して食事に行くことを指します。
二人きりで行く場合には、デート気分を味わうことができ、複数人で行く場合には、合コン気分を味わうことができるので、それを楽しみにキャバクラを利用する男性も多く見られますが、夜キャバの場合、それはなかなか付き合ってもらいにくいサービスでもあるのです。
夜キャバの場合、営業終了となるのは深夜をまわった1:00すぎとなっています。夜も遅いことから、「早く帰りたい」「早く帰って化粧を落としたい」と考える女性も多く、アフターを嫌うキャバ嬢も多く見られるのです。

しかし昼キャバであれば、営業終了となるのは17:00頃の夕方でもあり、夕食のついでにアフターに付き合ってくれるキャバ嬢はたくさんいるのです。
このように、昼キャバのメリットとして、「アフターに付き合ってもらいやすい」といったことがあげられます。

昼キャバには、昼キャバ特有の楽しみ方が存在します。
その楽しみ方とは、「女の子とじっくり会話を楽しむ」といった楽しみ方があげられます。

夜キャバの場合、お酒も入ることから、ワイワイと騒ぐ楽しみ方をする方が多く見られます。女の子とじっくりと会話をして楽しむ・・・というよりは、女の子と一緒にお酒を楽しむ・・・といった楽しみ方をする方が多く見られるのです。
しかし昼キャバの場合、お酒を飲む方もいますが、ソフトドリンクを飲む方も多いため酔っ払っている方を見かけることは少なく、店内はしっとりと落ち着いた雰囲気となっているのです。
それにより、昼キャバは、女の子と向き合ってじっくりと会話を楽しむことができます。
昼キャバを利用する男性の中には、「お酒を飲んで楽しむ」というよりも、「女の子との会話を楽しむ」ために利用する方が多く見られるのです。

夜キャバで働く女性層には、20代前半から30代までの比較的若い年齢層の女性が多く見られます。
お酒を飲む客も多く、店内はワイワイと賑わう雰囲気でもあることから、元気のある若い年齢層の女性の方が店の雰囲気には適しているのです。
20代後半や30代などの落ち着いた雰囲気のある女性は、どちらかというとキャバクラよりもクラブの方が適しています。

昼キャバの場合、そこで働く女性層には、クラブと同じような落ち着いた雰囲気の女性を多く見かけます。
中には20代前半の年齢層が若い女性も見られますが、20代後半や30代といった若干年齢層が高めな女性が多く見られるのです。
また、その女性の中には、既婚者の方が多く見られます。
夜キャバの場合、働く年齢層も低めとなっていることから、まだ結婚していない独身の女性がほとんどではありますが、昼キャバの場合、既に結婚している女性を多く見かけるのです。
その理由としては、昼キャバとは、朝から夕方までといった主婦にとっては都合の良い時間帯で働くことができるため、既婚者に人気な高収入求人となっているのです。
若い年齢層の女性の中には、昼間しか働くことのできない夜間学校に通う女性が多く見られます。

夜キャバとは、夜に営業するキャバクラでもあることから、仕事帰りや飲み会後に利用する男性が多く見られます。
客層の種類はさまざまで、一般企業に勤めるようなサラリーマンはもちろんのこと、中には学生やフリーターなども多く見られます。
年配の方も見られますが、30代から40代の中年層の男性や、20代などの若い年齢層の男性も多く見られます。
同僚や友人、会社の仲間などとプライベートで利用する方も多く見られますが、接待などで利用するケースも多く見られます。

一方で昼キャバの客層とは、朝方に仕事が終わるような職種に就いている男性が多く見られます。
同業種のホストクラブで働くホストであったり、風俗店で働く男性スタッフ、または夜勤明けの建築関係に携わる男性などが多く見られます。
こうした職種に就いている方も多く見られますが、時間を自由に使えるような社長などの管理職に就いている男性であったり、定年退職した年配の男性も多く見られます。